Webツールについて。

サーチコンソール(ウェブマスターツール)の登録と設定方法。

gahag-0014494168-1

まいど!今日もボーナスライフを送る、satojay(サトジェイ)です。

今回は『サーチコンソール(ウェブマスターツール)の登録と設定方法。』という事について、お話していきます。サーチコンソールはトレンドアフィリエイトのみならず、サイトを運営していく上で非常に重要な無料ツールとなっています。

サーチコンソールとは?

サーチコンソールは簡単に言うと、Googleの検索結果を管理できるツールです。Googleもこのように言っています。

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視、管理できる Google の無料サービスです。

自分のサイトが Google 検索結果に表示されるようにするために Search Console に登録する必要はありませんが、登録していただくとサイトが Google にどのように認識されるかを確認し、検索結果でのサイトのパフォーマンスを最適化できるようになります。

引用:https://www.youtube.com

サイトを運営していく上で、必須なのかと言えばそうではないのですが、ビジネス目的でサイト運営をするのであれば、必ず導入しておいた方が良いツールです。

今回はサーチコンソールの登録方法と設定方法をご紹介していきます。

サーチコンソールの登録

まずはGoogleアカウントを取得しているか確認しておきましょう。サーチコンソールはGoogleが運営するツールなので、Googleアカウントが無い場合はログインできませんので、注意が必要です。

スクリーンショット 2016-01-19 0.36.25

ログインできれば、下記のような画面にいきます。

スクリーンショット 2016-01-19 0.44.08

赤枠の所に、あなたが運営しているサイトのURLを入力していきます。入力が終われば『プロパティを追加』ボタンをポチします。

その後、このような画面が出てきます。

スクリーンショット 2016-01-19 0.56.16

『おすすめの方法』と『別の方法』の2択なのですが、初めての方は『別の方法』を選択してください。そして、『HTMLタグ』と『Googleアナリティクス』などの選択画面が出てきますので、『HTMLタグ』にチェックを入れていきましょう。

僕の場合はGoogleアナリティクスに登録しているので、そこから登録かける時もありますので、あえて青枠で線を囲いました。Googleアナリティクスに既に登録が完了している方は『Googleアナリティクス』からでも登録は可能です。

『HTMLタグ』にチェックを入れたらこんな画面が出てきます。

スクリーンショット 2016-01-19 1.04.06

黒枠の部分も含めて、コピーしておきましょう。そしてあなたのサイトに戻って頂き、サイドメニューから『外観』→『テーマ編集』を選択してください。

スクリーンショット 2016-01-19 1.07.06

そしたら、この画面になりますので、赤枠の『ヘッダー』を選択します。

スクリーンショット 2016-01-19 1.10.38

選択すれば、ヘッダーのCSSが現れますので、下記画像の赤枠部分に先ほど、サーチコンソールでコピーしたメタコードを貼り付けていきます。

基本的には<head>〜</head>の中にある最後の段落部分にペーストしましょう。ペーストし終われば、一番下にある『ファイル更新』をクリックしてましょう。これで、設定完了となります。

スクリーンショット 2016-01-19 1.16.14

最後にサーチコンソールに戻って『確認』のボタンをクリック。これで登録と設定の項目はクリアです。

結構めんどくさい作業だと思うのですが、ビジネス系ブログを起こす際には、必ず必要になりますので、必ず上記の順番でサーチコンソールに登録しておいてください。

>>サーチコンソールで記事の検索順位を調べる方法

まとめ

3599320521_2b7bf02eb6_b

今回は『サーチコンソール(ウェブマスターツール)の登録と設定方法。』というテーマでお送りしていきました。サーチコンソールはWebサイトでビジネスをする上では、必ず必要になりますので、早急に登録する事をオススメします。

サーチコンソールに登録すれば、あなたのサイトがどんなキーワードで検索されているのかが、分かります。もちろん他にも魅力的な機能もたくさんありますので、是非活用して頂きたいですね。

 

今回も最後までご覧頂きありがとうございます。

本記事で、

  • 分からない事
  • 質問したい事

などがありましたら『お問い合わせフォーム』からお問い合わせください。全身全霊で返信いたします。

900人が参加中!ブログが学べるメルマガ