ビジネス環境について。

作業効率化をはかる考え方/劇的に作業時間と作業量が上がる方法。【動画】

sample_photo2

まいど!今日もボーナスライフを送る、satojay(サトジェイ)です。

今回は『作業効率化をはかる考え方。劇的に作業時間と作業量が上がる方法!【動画】』をご紹介していきたいと思います。作業効率化に関しては、僕自身も最大の課題となっています。

作業効率を上げれば、当然ですが作業量も増えますし、稼ぐ量も稼げる時間も早くなります。なので作業効率をしっかりと意識していきましょう。

作業効率を上げればどうなるのか?

作業効率化を図れば、

  • 作業時間が減る
  • 作業スピードが上がる

この2つでしょう。たった2つ!?と思った方も多いとは思いますが、このたった2つがかなり重要なのです。そもそも僕たちアフィリエイターは手を動かす事で『収入』を得ています。手を動かさなければ『商品=記事』は作れません。

なので、1日の作業でどれだけ、手を動かせるかが稼ぐ為の『鍵』になります。それができれば、固く閉ざされた門の『鍵』を手に入れて『報酬』という名の宝を手に入れ続ける事ができるのです。

作業効率化

作業効率化には、色々あります。全ての事を効率化してしまうと、逆に作業効率が悪くなる可能性がありますので、注意が必要です。

これから、自分が実際にやっている作業効率化のやり方をご紹介していきたいと思います。

前日に次の日にやる作業をリストアップ

これはかなり重要です。作業開始の際、今から何をするか分からない状態だと、明らかに作業開始から出鼻をくじかれます。これを防ぐ為に、あらかじめその日やる作業をリストアップしておくのです。

そうする事で、スムーズに作業をスタートする事ができます。特に作業時間の限られているサラリーマンや主婦の方には参考にしてもらいたいと思います。

ぼくの場合はスケジュール帳にペンでタスク化しています。

作業が1つ終われば短時間休憩

休憩は必ず必要です。休憩もナシで作業を続けている人が多いですが、あれはかなり作業効率が悪いです。僕も当初はそうだったのですが、今思うと疲れは溜まるし、眠くてパフォーマンスは上がらないし・・・なんせ効率が悪すぎました。

今では、1記事書いたら10分の休憩をはさみます。そうする事で、頭がリフレッシュして次の作業に入りやすくなりますし、疲れ具合も全然違いますよね。

これに関しても、サラリーマンの方には実践して欲しい項目になります。本業で疲れて帰ってきて、効率良く作業する方法は小まめに休憩をはさむ事です。

じゃないと疲れも溜まりますし、次の日、本業の会社に遅刻してしまいますよ。当初の僕はそうでした。w

マルチタスクはNG

同時に違う作業をする程、効率の悪いものはありません。アフィリエイトは1点集中です。1つ1つ確実に、そして丁寧に作業する事が大事なのです。マルチタスクだと、作業も雑になりますし、なんせ集中力が散漫になりやすい。

なので、作業をする際には、記事なら記事、音声なら音声と必ず1点集中で作業をするようにしましょう。

環境を変える

毎日が同じ場所、同じ時間に作業をする僕たちアフィリエイター。当然ですが、飽きますよね。人間ですし。

なので、1週間に1回くらいは違う環境で作業するのもアリです。ネットカフェやスタバ、他にも様々な場所でネットの設備が整った場所があります。

それに、違う環境で仕事をすると、思わぬアイデアも発見できそうですよ。

外注

自分以外の人ができる全ての作業をクラウドソーシングサービスを使って『外注化』を図りましょう。外注化が成功すれば、自分は何もしなくても外注さんが全てしてくれますので、かなりの作業時間を削る事ができます。

その間に、自分にしかできない仕事に積極的に取り掛かる事ができます。主なクラウドソーシングサービスは、

クラウドソーシング「ランサーズ」

ぼくも実際に使っているクラウドソーシングです。有名ですので、どんな企業かは割愛させて頂きます。

具体的な作業効率効率化

動画ではインプットとアウトプットに関してお話ししてましたが、インプットとアウトプットはビジネスに置いて、非常に重要なキーワードになります。こちらの記事で、詳しく解説しているので、見ておきましょう。

>>『インプット』と『アウトプット』の重要性と考え方について。【動画】

まとめ

keihiseisan_sysytem_matome-1024x769

今回は『作業効率化』について、ご紹介していきました。冒頭でもお話ししましたが、アフィリエイターは作業量が絶対に必要です。しかも、手を動かせば動かす程、稼ぐ事ができます。

なので、今回お話しした『作業効率化』は非常に大事な項目になっていますので、是非マスターしていきましょう。

900人が参加中!ブログが学べるメルマガ