ビジネス日記

ボーナスが下がった理由と今後の対処法を解説!

ボーナスが下がった・・・。

落ち込みますよね。

ボーナスは雀の涙ほどしかない毎月の給料に比べ、ドンっと講座にお金が振り込まれる、まさに金の小槌的なイベント。

サラリーマンが唯一、無敵になれる日でもあります。

という事で今回は、そんなボーナスが下がったサラリーマン男性に向けて、ボーナスが下がった理由と今後の対処法を詳しく解説していきたいと思います。

なぜボーナスは減少するのか?

会社のボーナスはなぜ減少するのか?

疑問に感じているサラリーマンも多い事でしょう。

実はボーナスが下がる原因はたくさん存在していて、自分自身ではどうしようもできない出来事なのです。

 

理由① 設備投資に金を使った

会社が今後の成長の為に、大きな設備投資を行った場合、会社の資金が一時的に減少。

結果、ボーナスが下がってしまう最悪の状況になります。

今後の利益拡大の為の思い切った設備投資ならまだ良いのですが、機会が壊れてしまった場合は最悪です。

修理代として大幅な資金を投入しなければいけないですし、そのお金を投資したからといって、仕事が増えるワケでもない。

当然ながら、社員のボーナスに多大なる影響を与える事になるのです。最悪の場合、給料にも影響してくる可能性がありますので、注意したいところですね〜。

 

理由② 親会社から単価下げの要請があった

取引先あっての会社。

その取引先から製品の単価下げ要請があった場合、当選ながら会社の業績が大幅に下がります。

その結果、社員達に支払われるボーナスが下がってしまう可能性が非常に高いと言えます。

会社的には、そのような要請があった場合、再度検討という形にはなるのですが、中小企業の場合はそうはいかない。

僕が働いてた工場は、まさにお客さんあっての商売でしたので、単価下げ要請があれば、しぶしぶ受け入れるしかありませんでした。反対に単価下げ要請を断ったら、他の競合会社に目移りされる可能性がありますので、要請自体は断りませんでした。

競合との単価争いは今後も続くと思いますので、この場合のボーナス減少は仕方がないと腹をくくるしかなさそうです。

 

理由③ 単純に会社の利益が下がっている

単純に会社の利益が下がっている場合も、ボーナス減少に大きく影響しています。

実際に僕が働いていた工場は、利益減少に伴い、リストラあるいはボーナス減額、給料の減額など・・・様々な対策を行っていました。

その当時は、会社だけに依存していましたので、腹わたが煮えくり返りましたが、今思うと仕方がない事なのです。

※ボーナスが下がる理由は今後も随時更新していきます。

 

そもそもボーナスの本質を理解していますか?

そもそもボーナスとは何か理解していないサラリーマンが多いなと感じています。

絶対にもらえる!

ものではないんですよね。ボーナスは。

ボーナスとは本来、会社の利益を従業員に還元するものです。なので、会社の業績が下がったら、ボーナスも下がるのは当たり前なんですよね。

会社に勤めていたら自動的にもらえるものではありません。それに個人で頑張って、個人の成績が上がっても、会社としての売り上げが著しくなければ、ボーナスは出ません。

ボーナスはあくまでも還元です。約束事をしているワケでもありませんし、そのような法律もありません。

なので、ボーナスを頼りにしているサラリーマンは非常に危険な状態なのです。

 

ボーナスが下がった時にしたい対処法

とは言いつつも、会社の給料、そしてボーナスで食べていかないといけません。

保険、年金、車の維持費、交際費・・・全てのお金をあなたが働いている会社の給料やボーナスでまかなっていかなければいけないのです。

これが現実。

今から、ボーナスが減少したサラリーマンに向けて、ボーナス減少対策方法をご紹介していきます。

 

対象法① 節約して貯金する

ボーナスが減少した時に、まずやるべき事は節約です。

水道代、電気代、車の維持費、洋服代・・・生活をする上で必要のないお金を把握して、しっかりと管理します。

そうする事で、自分が無駄遣いしている事に気付くと思います。ノートやメモ帳に記しても良いですし、スマホアプリを使用して良い。

とにかく自分の生活レベルをワンランク落とす事に成功したら、節約成功です。

ちなみに管理人は今まで節約はした事がありません。ですが、節約をしておいた方が良かったと、つくづく感じます!

 

対象法② 夜勤のアルバイトをする

体力のあるサラリーマンでしたら、夜勤にアルバイトする事も有効的な手段でもあります。

お金持ちになりたかったら人の三倍働け!という名言があるように、とにかく働く事でボーナス分をまかなうようにしていく。

8時間の仕事が終わり、その後、またタイムカードを押して出勤。1日に2回の出勤は非常に苦痛でしょう。

ですが、そんな流暢な事を言っている暇はない!

とにかく長い時間働く事ができれば、その分お金もあなたに元に戻ってくるのです。

 

対処法③ 在宅で副業を行う

在宅で副業を行う事もオススメしています。

ちなみに管理人は在宅で副業を行っていました!

在宅で副業する方法はたくさんありますが、管理人は『ブログアフィリエイト』という仕事をセレクトしました。ちなみに現在の収入は月収100万円ですね。

正直、副業ではじめて、ここまで収入を伸ばせるとは、思いもよりませんでしたよ!w

ですが、ブログアフィリエイトは在宅でできて、尚且つ、経費が全くかからない仕事です。なので、売り上げのほとんどが収入になるのです。

ブログアフィリエイトに関しては、こちらの記事で詳しく解説していますので、興味のある方はチェックしてみてください。

関連記事:パソコンで小遣い稼ぎするならトレンドアフィリエイトがおすすめ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

世間では『ボーナスは確実に入る』と勘違いしている守りのサラリーマンも多いようですが、実はそんな事はありません。

繰り返しになりますが、ボーナスは会社の利益を従業員に還元するものなので、会社の業績が下がったら、ボーナスも下がるのは当たり前。

ボーナスは貰えるという守りの考え方よりも、ボーナスは自分で働いて稼ぐ!という攻めの姿勢が今後のサラリーマンに必要とされる心構えになる事でしょう!

==関連記事==

◆ 学歴なんて関係ない職業をまとめてみて分かった事。

◆ 副業がバレないで稼げる仕事はアフィリエイトだけという話。

◆ ボーナスの手取りはいくら?20代・30代・40代 の平均額をまとめてみた。

1013人が参加中!ブログが学べるメルマガ

POSTED COMMENT

  1. tonton より:

    初めまして。
    ブログランキングから訪問しています。
    私はボーナスが無いので、副業デビューしました。
    まだまだ稼げるというほどではないですが。
    ネットビジネス、投資・・会社に頼らない収入を考えないといけない危機感を感じています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。