メルマガバックナンバー

読者を離脱させない施策【1日10分程度でできます】

今回は【読者を離脱させないコツ】を共有します。

やり方はすごくカンタンなので、これを読んだら必ず実践してくださいね。

この記事は2分程度で読めます

【前提】読者は専門用語に弱い

どういうことかと言うと、記事中に専門用語があると、読者は『ん?これどういう意味?』と、疑問に感じてしまうということです。

つまり読者は専門用語を知らない人が圧倒的に多いんです。

もし、あなたの記事のなかに読者が疑問に感じる言葉、あるいは、専門用語があるのであれば、SEOで負ける可能性が高いです。

なぜなら読者は読んでいるときに、少しでも疑問を感じると、高い確率で離脱してしまうからです。

最悪の場合、そのまま検索をやりなおされてライバルサイトに移動してしまいます。

とうぜん『UX』が提供できていない記事になりますのでSEO評価がだだ下がり。

Googleから『あなたの記事はダメよ!』と認識され上位表示されません。

UXとは?

ユーザーエクスペリエンスの略で、体験や使用感、満足感という意味です。

つまり、読者が疑問を持ってしらべた記事が、さらに疑問だらけだったら、記事の意味がないというこことです。

当たりまえですが、そんな記事は評価対象になりません。

【対策】『とは?』を使う

ではどのようにするのかというと、対策はすごくカンタンです。

『とは?』を使うだけです。

先ほど『UX』のことをお話ししましたよね。

これのこと
UXとは?

ユーザーエクスペリエンスの略で、体験や使用感、満足感という意味です。

UXはWeb業界の専門用語なのですが、意外と知らない人が多い印象です。

なので補足として『UXとは?』を使い、かるく解説を入れています。

これだけで読者の『専門用語に対する疑問』を払拭できて、なおかつSEOに強い記事を作ることができます。

まとめ

専門用語が羅列されていて、読者のストレスになっていないか?

専門用語の解説が入っているのか?

上位表示しない記事があれば、一度、内容を見直してみてください。

1日10分あればできるSEO施策なので、すぐに取り入れてみてくださいね!

ではでは。

noteコンテンツ

たったの1記事で毎月40万円稼ぐ記事の作り方を公開しています。

>> 詳細を確認する

個別コンサル依頼はこちら

\ 1333人が参加中 /

詳細を見る ▶︎

【※期間限定】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。