ブログ運営

マナブさんがなぜ成功しているのかを徹底的に分析してみた結果

※動画でも視聴できます

今回は「ブロガーのマナブさんがなぜ成功しているのかを徹底的に分析してみた」というテーマでお話ししていきたいと思います。

 

satojay
satojay
マナブさん、すごいよね!

 

ブロガー兼インフルエンサーのマナブさんをご存知かと思いますが、いや〜本当にすごい。

ブログだけで月1000万円を稼ぐというのは、並大抵のことではありません。

 

satojay
satojay
まさにブログドリームだね!

 

それに、YouTubeのチャンネル登録者も20万人超えていますし、Twitterのフォロワー数も19万フォロワーとかなりスゴイ!

※YouTube登録者およびTwitterフォロワー数は2020年2月時点のもの

 

しかも、なかなかのイケメンで、最近ではちょっぴりマッチョになってて、外見も素晴らしい。

そんなマナブさんなのですが、なぜマナブさんはここまで成功できているのか?って考えたことありますか?

実は僕はね〜、かなりマナブさんのことを分析していまして、なぜマナブさんがあれだけ成功されているのかが、なんとなくですが、僕なりに見えてきたんですよ。

今回は、その分析結果をお話ししていきたいと思います。

 

satojay
satojay
分析するのが大好きなんだ!

 

まぁ僕のような底辺がマナブさんのような大物を話すのは恐れ多いのですが、ここは勇気を出して話していきたいと思います。

 

この記事は、完全な僕の個人的な見解になりますので、ご理解いただければと思います。

 

マナブさんが成功している理由を分析

マナブさんって色んな面で成功していますよね。

  • SNSだったり、
  • ブログだったり、
  • プログラミングだったり、
  • 知名度だったり、
  • コンテンツ販売だったり。

 

なので、全部を語るととんでもないコンテンツになってしまうので、今回は僕と同じ土俵でもある「ブログ」にフォーカスしてお話しします。

要は、なぜ「マナブログ」が成功しているのか?っていうところですね。

 

僕が注目している部分は5つ。

  1. とにかく継続している
  2. トンマナとアフィリエイトがマッチ
  3. キラーページが少ない
  4. SNSからの誘導
  5. サイテーション獲得がうまい

上記5つです。

 

ちなみに、前提としてマナブログで紹介しているサービスはプログラミングスクールが中心で、アフィリエイト単価がかなり高いです。

おそらく特単(特別単価)がありますので、1件売れれば、2万円とか3万円くらいはあるのかなと思います。

 

特単はブラックボックスなので、どのくらいの単価が出ているのか分かりませんが、1成約の単価が高いというのは間違いないでしょう。

そのことを前提でお話ししていきます。

 

satojay
satojay
では参ります!

 

とにかく継続している

マナブさんは「とにかく継続」していますよね。

マナブさんが運営しているマナブログは、毎日1記事、必ず更新しています。

これって実はマジでスゴイことなんですよね。

 

satojay
satojay
マジですごい!

 

僕も5年くらいブログ運営をしているので、分かるんですが、毎日更新は尋常ではないんですよ。

確かに、マナブさんはフリーランスなので、時間もたっぷりあります。

それに仕事としてやってるんなら普通だろ?と思いがちなんですが、ハッキリ言って普通ではないです。

 

satojay
satojay
普通じゃないんだよ!

 

何が普通ではないのか?っていうと、あれだけ収入があるのにも関わらず、毎日記事を書いているところです。

普通だったら、月収300万円くらい超えたあたりから、まぁ今日くらいいっか!みたいになると思うんですよ。

 

人間はそういう生き物じゃないですか?

怠け者じゃないですか?

 

でも、書くんですよ・・・。

すごい。

 

あとは、毎日更新にも関わらず、しっかりと質も担保されているということもポイント。

以前投稿した「ブログを毎日更新すれば稼ぎやすいのか?」という記事でも言ってるんですが、毎日更新するのに越したことはないけど、質を意識しろ!と言ってて、まさにそれを実現している良い事例です。

言い換えれば、質の良い記事を毎日のように更新すれば、マナブログで出している収益くらいは稼げるということです。

 

トンマナとアフィリエイトがマッチ

2つ目が「文章のトンマナとアフィリエイト商品がマッチしている」という点です。

マナブログを読み込んでいる人は分かると思うんですが、マナブさんが訴求しているアフィリエイト商品と文章のトンマナがマッチしていることに気づくと思います。

 

トンマナとは?

トーン&マナーの略です。掲載している広告、言わばバナーデザインとか、ブランドイメージが一貫していることを言います。

 

簡単に言うと、

エンタメ系のアフィリエイト商品を訴求する際のトンマナは「マジで良い映画だから」というまるで友達を会話しているような口調でですね。

プログラミングスクールとか教育系の商品を訴求する時のトンマナは「こちらのスクールは高品質なので・・・」みたいな感じです。

 

エンタメ系商品を訴求する文章よりも、教育系の商品を訴求する文章の方が、若干固いイメージがありますよね。

これが、トンマナです。

 

で、マナブログのトンマナって、基本的には固い感じで、論理的な文章構成です。

これが、マナブログで紹介している案件に、しっかりとマッチしています。

 

ただ、これだけではなくて、顔文字とかたまに入れつつ「抜け感」も出しています。

この「抜け感」が大事で、これがあるからこそ人間味のあるライティングになっていると感じています。

 

satojay
satojay
多分、狙っていると思います。

 

普通だったら、基本的には固い感じで、論理的にライティンするだけでも十分です。

しかし、文章に「抜け感」を出すことで、ブランディングとしても活用しているところがポイントですね。

 

ここは、真似しやすいと思います。

僕も参考にさせてもらっています。

 

論理的にライティングしているけど、抜け感を出して、人間味を出す。

だからこそ、読みやすいし、人間味もあるし、信頼も得られやすいという構図になっているんじゃないかな?と僕は感じています。

 

成約ページが少ない

成約ページが少ないのもマナブログの特徴。

普通だったら、あれだけのPV数と信頼度があれば、成約記事を増やすと思うんですよ。

でも、マナブさんはまったく増やしてなくて、最低限の成約記事と、あとの9割くらいが集客記事とブランディング記事で占めています。

 

実は、この戦略は僕もマネしていて、悩みを解決する記事だったり、ブランディングを高める記事で、信頼性を高めて、さりげなく成約記事の内部リンクを置くことをしています。

そうすることで、SEO対策にもなりますし、息の長いサイトを作ることができます。

 

satojay
satojay
売り込み感のあるサイトは、ユーザビリティ悪いよね。

 

どうしてもPV数や信頼度があると、欲張ってしまって成約させようとアフィリエイト記事を作りまくって頑張るんですけど、それだと逆効果なんですよね。

悩みを解決する記事がたくさんあると「このサイトから購入したい」と思ってくれるんです。

そう思ってくれたら、読者の方から商品ページを探してくれるんですよね。

 

それに、集客記事から成約記事に内部リンクを置くことで、内部リンクが成約記事の方に集中しますので、Googleに重要なページだということを認知させることができます。

結果的に、ビッグキーワードでも上位表示させることができるんです。

 

つまり、検索エンジンからの集客、サイトを見て信頼してくれる読者という、双方をアプローチしているということ。

これがマナブログの最大の強みかなと思います。

 

Twitterからの誘導

マナブさんの強みといえば「Twitter」ですよね。

フォロワー数が20万人くらいいますので、そこからのアクセスが膨大です。

 

satojay
satojay
どのくらいアクセスがあるんだろうな?

 

実際、どのくらいTwitter経由からのアクセスがあるのか、分かりません。

ですが、おそらく膨大なアクセスがあるのかなと思います。

 

Googleは「SNSをランキングを決めるための指標にはしていない」と公言していますが、実際のところ、かなり影響しているのではないかと仮説しています。

記事を投稿した直後に、Twitterから膨大なアクセスを獲得することで、明らかにSEOが優先されるのでは?と感じています。

 

satojay
satojay
根拠はないけど、そんな気がしてならない。

 

それに、Twiiterで拡散された記事は、Googleディスカバー(Google砲)に掲載されていますし、何らかのシグナルをキャッチしているハズです。

 

まぁあくまでも仮説ですが・・・。

 

実際、僕のサイトでも、SNSで拡散された記事は、軒並み上位表示されています。

フォロワー数が20万人というのは、なかなか真似できるものではないのですが、うまくTwitterを使うことで、しっかりとサイトにアクセスを集めることは可能です。

Twitterをやっていない方は、この機会にぜひアカウントを作ってくださいね。

 

サイテーションと指名検索をうまく使っている

5つ目が「サイテーション(言及)と指名検索をうまく使っている」という点です。

マナブログを分析する上で、ぶっちゃけこれが1番注目している部分でもあります。

 

まずはサイテーションから分析していきます。

 

リンクが貼られていない「ただの言及」ということ

 

マナブさんは、あきらかにサイテーションを膨大に獲得しています。

だからこそ、Googleに評価されて、難しいキーワードでも上位表示がされているのでは?と分析しています。

 

satojay
satojay
サイテーションはかなりSEO的にも良いかなと感じています。

 

Googleは検索のランキングを決める際、質の良い「被リンク」を重要視しています。

同時に、サイテーション、つまり言及されているという点でも、ランキングを決めているんじゃないか?と、仮説しています。

 

被リンクに関しての説明は、ここでは割愛させていただきます。

分からない方は、ググってみてください。

 

そもそもサイテーションというのは、被リンクとは違い、リンクが貼られていない「ただの言及」ということです。

 

例えば、

僕がサイト上で「マナブログ」最高だよね!という、リンクなしの文章を掲載するだけで、評価されるということです。

 

satojay
satojay
まさに、今あなたが読んでいるこの記事のような感じです。

 

サイテーションが注目されだした理由としては、SNSの普及にあります。

SNSでは、リンクを貼る習慣がなく、どうしてもテキストだけになりがちです。

 

特に、ブログを運営したことがない人にとっては、被リンクという概念はないと思いますので、自然と「言及」という形になります。

Googleは、そこを評価しているのでは?という1つの仮説です。

 

マナブログは、そこを活用するのが上手いです。

たとえば、Twitterですね。

良質な記事を毎日更新することで、毎日誰かに「マナブログ」という文言がTwitter上で言及されています。

言及されることで、信頼につながります。

 

Googleはサイトの信頼性を、ランキングを決める指標に1つにしていますので、そこで辻褄が合いますね。

 

次に、指名検索です。

 

人の名前やサイト名を検索キーワードとして入力する行動です。

 

僕の中では、指名検索を獲得することこそが、最高のSEO対策だと思っています。

なぜなら、指名検索を増やすことで、余計なSEO対策が不要になるからです。

 

それに、最近では、リスティング広告枠が増えていますので、無駄な広告合戦もしなくても良くなります。

Googleは確実に指名検索の多いブログを評価対象としています。

マナブさんは、指名検索を獲得するのが非常に上手いです。

 

satojay
satojay
指名検索を獲得するのがマジで上手い!

 

戦略の1つとして、YouTubeがあります。

ここでは出しませんが、マナブさんの動画の左上部分を見てみてください。

すると「manablog」という文字が、随時確認できると思います。

 

これは明らかに、脳内SEO戦略かなと思うんですよ。

 

脳内SEOっていうのは、例えばA君というブログ初心者がいたとします。

A君は「ブログの収益が増えないな〜」と悩んでいます。

 

そこでA君は「マナブさんのマナブログに、収益を増やす方法は無いかな?」と考えました。

その後、Googleの検索窓に「マナブログ ブログ収益を増やす方法」という文言で検索しました。

 

この一連の動作こそが「脳内SEO」です。

 

もうね、マナブログありきの検索なんですよ(笑)

 

satojay
satojay
最強っす!

 

例えば、この動画を見ている方の中に「今日からダイエット」というサイトタイトルで、ダイエットに関するブログをやっているとしましょう。

ダイエットに悩んでいるBちゃんが「最近太ってきたから、今日からダイエットのサイトで痩せ方を調べよう!」と頭の中で思いました。

 

そうなると、Googleの検索窓に「今日からダイエット 簡単に痩せる方法」を入力。

これが脳内SEOです。

 

もうね、最強です。

ライバル皆無です。

 

ちなみに「マナブログ」というキーワードの月間検索ボリュームをウーバーサジェストで調べたのですが、2020年1月の時点で「22,200」でした(笑)

すさまじいです。

 

それに加えて、

  • マナブログ プログラミング は590
  • マナブログ 本 480
  • マナブログ アフィリエイト 320

などなど、確実に脳内SEO対策されていますね。

これこそ、マナブログの最大の強みかなと思っています。

 

脳内SEOを獲得するためには、コツコツと信頼度を高めていくのが必須ですし、サイトので知名度が必要になります。

ここは、全然マネできる部分でもあるので、どんどんマネしていくと良いですね。

 

まとめ

ということで、マナブログの分析をまとめていきますね。

  1. とにかく継続している
  2. トンマナとアフィリエイトがマッチ
  3. キラーページが少ない
  4. SNSからの誘導
  5. サイテーション獲得がうまい

この5つになります。

正直、まだまだ分析できているところはたくさんあるのですが、全部話すと、かなりの量になりますので、また日を改めてやっていきたいと思います。

\ 1333人が参加中 /

詳細を見る ▶︎

【※期間限定】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。