アフィリエイト日記

ボーナスの手取りはいくら?20代・30代・40代の平均額をまとめてみた

今回はボーナスの手取りはいくら?20代・30代・40代の平均額をまとめてみたというテーマで、お話していきます。

自身が働く会社から支給される『ボーナスの手取り額』は低いのか?それとも多いのか?

そんな風に不安を感じている方は多いと思います。

ボーナスは一般的に、年に2回支給されるものです。

その額は年齢によって異なる場合と、能力によって異なる場合があります。

ここ日本では、年功序列の思考が強く残っている国ですので、おそらく、スキルとか関係なく、年齢によってボーナス支給額が異なるケースがほとんどだと思います。

satojay
satojay
各企業が会社員に支給するボーナス平均支給額を年齢別にまとめていますので、現在、自身に支給されているボーナス額と比べてみてください。

20代の年間ボーナス平均相場

業種 20代前半 20代後半
建設業 32万円 98万
製造業 29万 85万
電気・ガス・水道業 28万 76万
情報通信業 26万 84万
運輸・郵便局 34万 81万
卸売・小売業 32万 82万
金融・保険業 38万 115万
不動産・物品賃貸業 28万 94万
宿泊 17万 37万
教育 26万 62万
医療・福祉 31万 57万

調べてみたら20代の平均額は上記の表のような金額でした。

もちろん上場企業やIT系の会社は上記の平均よりも上回っています。

正直、このデータを見て『ボーナス額が大きい事』に驚きました。

僕はもともと大阪の中小企業でもある、小さな町工場で働いていたのですが、こんなに貰った事がありません。

せいぜい年間20万〜30万円が最高額でした。

satojay
satojay
今考えたら本当に少なかったな〜。よく7年間も耐えたわ〜。

当然ですが、中にはボーナス支給の無い会社も存在しますので、僕は貰えただけ、裕福だったのかもしれませんね。

30代のボーナス平均相場

一般 48万円 51万円

20代の平均ボーナス支給額に比べると、 グンッとボーナス支給額があがっていますね。

やはり30代にもなると、会社に直接影響のある仕事をこなしているので、支給額が上がるのでしょう。年間で約100万円近くのボーナスが支給されます。

ちなみに僕が働いていた会社は、30代でもここまでのボーナスは無かったと思います。

この数値はあくまでも平均であって、全ての会社に当てはまる事では無いと言えます。

年間約100万円・・・。

思った以上に高いな〜と言う印象です。

40代のボーナス平均相場

一般 62万円 62万円

40代にして、ようやく年間で100万円を越してきましたね。

まぁこの年齢ですし、役職についていると思いますので、それなりのボーナスが会社から支給されるようです。

ここまで平均ボーナスをまとめてみて、あらためて感じたのは、やはり年齢と共にボーナスが上がっていくシステムは日本独自の特殊なシステムだと言う事。

これは日本がまだ年功序列の思考が根強く残っている証拠です。

satojay
satojay
ちょっと日本は古いのかも・・・。

先進国であるアメリカでは、基本的に平均年収は、スキルやキャリアによって決まります。

つまり実力主義。

ボーナスに関しても同じでしょう。

スキルや知識はあるのに、みんなと同じ給料なんて嫌ですもんね。

平均よりも低かった人はどうすればいい?

実際、記事を見ているほとんどの方が、今回ご紹介している金額よりもボーナス額が少ないんではないかと思います。

なぜならば、明らかに『格差社会』が促進しているからです。

satojay
satojay
簡単に言うと、お金持ちと貧乏の差が開いているという事。

図にすると分かりやすいかな〜。

本屋に行けば分かるのですが『格差社会は広がる』的な本がたくさん売れられています。

なので、あらかた『格差社会』に関しては、間違いではないかなと感じています。

反対に大企業やIT系に関しては、データ以上にボーナス支給額があるそうです。

さらに追い討ちをかけるかのように、最近ではAIの進歩が著しい。

satojay
satojay
AIが仕事を奪っていくらしい・・・。

こちらの『将来なくなる仕事』でもお話ししていますが、2020年以降、仕事を失う人が急激に増えてくると予想されています。

それに、ロボットの進化、プログラミングの急成長の背景には『副業解禁』という言葉も出てきています。

satojay
satojay
今までは副業禁止が普通だったのに、最近では手の平を返したかのように副業解禁になっている。これって、つまり・・・そういう事だよね。

副業解禁の裏には『自分の身は自分で守りなさいね』という暗黙の警告なのかも知れない。

節約をすれば安心なのかな?

確かに節約は大事です。

ですが、節約し過ぎもどうかと思います。

なぜならば、節約は好きな人でないと継続する事ができないから。それに、節約はお金が増えるワケではないので、モチベーションが上がらないんですよね。

(経験者が語っています。)

satojay
satojay
節約は正直行って辛いよ。今日、仕事以外で車を乗りましたか?節約は無駄な税金とガソリン代を食ってしまう車から行うのがベター。大抵の場所は電車で行けますからね。

節約が好きな方なら良いのですが、好き好んで節約なんてする人は、見た事が無いですし、なかなかのレア。

そうです。

節約は生活の為に行うケースがほとんどです。

なんか生きているのが嫌になってきますね。w

転職して給料増加を目指すのか?

ハッキリと言いますが、転職する事は非常に良い事です。

スキルはあるのに、それを活かせない仕事なんてやる意味がありません。限りある人生のほとんどを仕事に費やす人間にとって、仕事は生きがいでなくてはなりませんからね。

お金の為に仕事をするとか、娯楽の為に仕事をするとか、なんか人生もったいない。

もちろん、その事をきちんと理解している人は良いのですが、無意識的にこのような状況になっている人は危険ですね。

satojay
satojay
厳しい言い方になりますが、社会に洗脳されています。

転職で成功した人はたくさんいますし、自分のスキルを活かす、この上ないチャンス。

もちろん転職にはリスクもありますが、それ以上のメリットを実感できるかと。

スモールビジネスを始める

スモールビジネスをするという選択肢もあります

satojay
satojay
実は僕は転職派ではなく、スモールビジネス派でした。

転職はリスクがありましたので、少しずつお金を増やせるスモールビジネスを行いました。

スモールビジネスって言うと、株とかFXとか投資関連のビジネスを想像する人も多いのですが、スモールビジネスは世の中にたくさんあります。

例えばブログです。

ブログを作り、ユーザーが役に立つような情報を発信する。そこにユーザーが集まれば、商品を宣伝する。

このようないたってシンプルな方法で広告収入を得る事ができます。

これもまたスモールビジネスですね。

会社を努めながらブログをやるとなると、収益は月5万円程度になると思います。

1年間で60万円ものお金が増えるという事になります。でもこれって結構大きいです。

satojay
satojay
年間で60万円プラスになると生活が大分楽になると思うよ。

それに、このようなブログを使ったスモールビジネスは、PCを持っていれば、どこでも、何時でも行う事ができますので、あなたの生活環境を乱す事はありません。

それに、軍資金も必要はないので、どんなに知識が無くても、もちろんお金が無くても、比較的簡単に始める事のできるビジネスです。

ブログで月収5万円を稼ぐプロセス

先ほど、ブログを使ったスモールビジネスがオススメとお話ししました。

実はブログを極めていくと月収5万円を稼ぐ事は意外と誰でもできてしまいます。

satojay
satojay
僕が運営しているオンラインマガジンでは、こんな事を言いました。

=以下メルマガ=

1日1記事ペースで毎日ブログを書くとします。

そしたら年間で365記事になりますよね。

1記事に対して、約15アクセス集まれば、365記事×15アクセス=1日5,475アクセスになります。

月間30日なので164,250アクセス集まる計算です。

1PVの平均収益率は0.34円とされていますので、それをもとに計算。

すると・・・

0.34×164,250=55,845円

つまり、1記事15アクセス集める記事を365記事作ったら、毎月5万円以上に収入を得る事ができるという事です。

意外とすんなりいけそうでしょ!

もちろん、努力はすごく必要ですし、その為の勉強もたくさんしなければいけません。

ですが、軍資金の必要も無い、PCがあればどこでも仕事ができる環境で稼げるのはブログのメリットかなと思います。

まとめ

今回は『ボーナスの手取りはいくら?20代・30代・40代 の平均額をまとめてみた。』というテーマでお送りしていきました。

平均よりもボーナス支給額が少ない人、もしくはボーナスすら無い方は、会社の給料以外のキャッシュポイントを作らなければいけません。

じゃないと、今後ますます格差社会が広がり、将来の不安が増すいっぽうです。

お金を作るのって、金額や仕事にもよりますが、実はそこまで大変ではありません。

特にブログなんかは難易度が低い方なので、案外あっさりと稼いでしまう人はたくさんいます。世の中の流れである『格差社会』に呑まれないように、今からしっかりと対策をしておく事をオススメします。

900人が参加中!ブログが学べるメルマガ